前へ
次へ

いろいろな債務整理の方法

債務整理は、国が法律で定めて方法により借金を減額する方法です。
借金をして返済に困ると返済だけに収入のほとんどを充ててしまい、人間らしい生活を営むことが出来ないレベルまで行くケースがあります。
そうなると、自分だけでなく、子供、周囲の人間をも不幸にしてしまいますので、借金を減額したり、ゼロにして新しい生活をスタートさせるようにします。
借金が減るのはいいことですが、本来は借りたお金は返さなくてはいけません。
返済しないと貸した企業は困ってしまいます。
そのため、減額、ゼロに借金をすることでメリットはありますが、それなりの罰、デメリットがあることも理解しなくてはいけません。
債務整理には4つの方法があります。
任意整理、自己破産、個人再生、特定調停の4方法は借金をしている人の状況によりどれを選択するかはことなります。
また、人生の再スタートをどのようにするかによってもことなりますし、法律を十分に知らなくてはいけません。
ですので、行うには司法書士、弁護士などに相談するのがいいでしょう。

任意整理は裁判所を通さずに処理できる手段です。
司法書士、弁護士が代理人となり債権者である企業に減額を請求したりします。
返済額を減らしたり、返済期間を延長、利率を減らしたりします。
ただし、借金を完済した後5年は新たにお金を借りることが出来ません。
いわゆるブラックリストに名前が載ってしまいます。
自己破産はその名前の通り全ての借金をなくしてしまう最終手段です。
どのような策を講じても返済が出来ない人がおこないます。
債務者側の企業もお金がなくなってしまうので債務者もそれなりのデメリットをこうむることになります。
そのほかにも個人再生、特定調停などが方法としてあります。
個人再生は返済額を減額し3年をめどに返済を延ばし完済をします。
自己破産をするとデメリットが大きいのですが、そのデメリットを回避したい人にお勧めです。
特定調停も企業と直接交渉するので、3年から5年返済額の減額延長があります。

Page Top